どくだみチンキを作りました

みなさん、アロハ!

 

今年もどくだみチンキを仕込みました。

 

昨年初めて葉っぱでチンキを作って、今はチンキに水とグリセリンを混ぜて化粧水として使っています。

 

ハワイでも散々日焼けをしましたが、思ったより焼けた感じにならなかったので、このどくだみ化粧水の効果があったのではと思っています。

 
どくだみの葉っぱも美白作用があるそうなのですが、実はお花の方がより効果的、という情報を入手しまして、今年はお花で作ってみました。
 
お花が咲く頃、特に花が開く直前のつぼみが一番薬効が高いそうです。
 
 
作り方もご紹介しておきますね。
 
 
〜どくだみチンキの作り方〜
 
 
まずお花を摘みます。
 
f:id:kalaaloha:20190618135156j:plain
 
f:id:kalaaloha:20190618135202j:plain

 

軽く洗って、ザルなどに並べて乾かします。

f:id:kalaaloha:20190618135205j:plain

 

そして、お花を瓶に詰めていきます。

35°以上のアルコールを入れます。

私はこちらの玄米焼酎を使用しています。

特製玄米焼酎35 1,800ml|小正醸造 公式 こまさや オンラインショップ

 

以前行ったビワの葉エキスの先生にこれが良いとお勧めされ、以後何かエキスを作る際にはこれを利用しています。

 

花が全体的に浸かる程度入れます。

写真だと一番上が焼酎に使っていませんが、液に使っていない場所はカビやすいので、こういう場合は時々容器を振ってやると良いです。

 

だんだん、花も沈んできます。

涼しい場所において、2週間後から使用できます。

 

f:id:kalaaloha:20190618135209j:plain

 

そして、3週間経過した状態がこちらです。

綺麗な琥珀色です。

焼酎にお花の香りが移って、フローラルな香りがします。

 

f:id:kalaaloha:20190618135218j:plain

 

〜化粧水の作り方〜

どくだみチンキ  5mL

精製水     95mL
グリセリン    少量(お好みで)
 
アルコールにかぶれやすい方は注意が必要です。
 
このどくだみの花のチンキは虫刺され後にも良いそうですので、
 
夏は大活躍しそうです。
 
 
どくだみの花が咲いている今の時期にどうぞお試しください。
 
 
こちらの記事もあわせてどうぞ!
 
野草茶を作りました

 

 
いつもありがとうございます。

Mahalo

**********************************************************************************

大自然の中にいるようなロミロミで自分の愛に癒されませんか?

テンプル式ロミロミ

Kala Aloha

神奈川県相模原市(JR古淵駅または小田急線相模大野駅)

https://www.kalaalohalomilomi.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です