シャクナゲからのメッセージ



アロハ!

屋久島でシャクナゲといえば、山岳部に咲く、ヤクシマシャクナゲ。

この花は屋久島町の花にも選定されています。


毎年見頃は5月末〜6月上旬、という感じなのですが、今年は梅雨入りが19日も早かったのと、春の花の開花が例年より早かったので、
もしかしシャクナゲの花期も早まるのかな?とかそわそわしていました。


そして、5月末に梅雨だというのに4日間も晴れマークがついた日があったので、山へ向かいました。


その時の記事は「やくしまじかん」に寄稿したので、よければ覗いてみてください。


その記事に書かなかったことをこちらで書いてみたいと思います。


あまりにもヤクシマシャクナゲにときめくので、会話してみたいなと思い話しかけると
しばらくしてメッセージが届きました。



「横の繋がりを広げて、上へ上へと目指すよりも横に横に広げてしっかりと根を張って」

と。


山上は強風が吹いていることが多く、屋久島なので、雨のたくさん降ります。

そんな過酷な環境にも生えているヤクシマシャクナゲの叡智ですね。


樹林帯では光を求めて上へ上へと背を伸ばす必要がありますが、
山の上では笹しかないので、背を伸ばす必要はありません。
むしろ、背を伸ばすと強風で折れてしまう可能性もあります。

そんなわけで、樹林帯では高さ2-3mあるシャクナゲも、
山の上では0.5-2mほどしかありません。


山の上のような過酷な環境では、孤立するより仲間とタッグを組んで
根っこを張り巡らせてお互いを支え合うのが得策なのでしょう。


人間界も今、そんな時代になっているような気がします。

私も今までは個人プレーばかりでしたが、1人でできることは限界があるし、
何よりもう1人に飽きたな(笑)という感じもしているので、
屋久島では仲間と何か一緒にやりたいと移住前から思っていました。


今、それが少しづつ叶い始め、去年の島民13名での4泊5日の登山をきっかけに、
aperuyとのリトリートを定期的に行うことなりました。

しかし、まだまだ「1人でやったほうが楽だな」とか「早いな」とかで、仲間と作る喜びや広がりを差し置いて1人でやってしまうこともたくさんあります。


ここで、シャクナゲからこのメッセージが降ってきたということは、
何かこれからもっと大きなことを仲間と一緒に共創していくのかなと感じています。


これを読んでくれた人が、何か思い当たることがあればあなたにも当てはまるメッセージなのかもしれません。



=========================

8月に2種類のリトリートを企画しています。

こんな時だからこそ、屋久島の大自然にどっぷりはまってリフレッシュしてもらえたらなと思っています。

① 真夏の屋久島で自分と繋がるリトリート (8/6〜8/11 5泊6日)残席3
 前回も大好評だったaperuyとの共催です。

https://wazoayumi.wixsite.com/yakushimaretreat02

🌱山に泊まるトレッキング
🌱ヴィーガン料理&薪料理
🌱人生が輝くノートワーク
🌱焚き火
🌱温泉
🌱海や川での水遊び

② Aloha Retreat/アロハリトリート(8/27〜31 4泊5日)
 ロミロミの師匠、カミムラマリコさんをお呼びしてハワイの叡智を教えてもらいますよ!

https://shitoka.wixsite.com/yakushimaaloha

🌱ハワイの叡智/フラ、チャント、レイメイキング
🌱ヤクスギ原生林トレッキング
🌱温泉
🌱海や川での水遊び
🌱火の儀式
🌱絶景地でのフラ奉納

ご質問や不明点などは遠慮なくお問い合わせください。

=========================

いつもありがとうございます。

Mahalo

***************************************************************************
テンプル式ロミロミ

Kala Aloha
屋久島町原
https://kalaalohalomilomi.com/
https://www.instagram.com/shitoka.suzuki/





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です