枠を超える!〜ハワイ島でのチャレンジ①〜

みなさん、アロハ!

 

今回のハワイ島の旅では、一つ、枠を超えた旅となりました。

その枠とは車の運転です。

 

なんだ、そんなことかと思う人もいるかもしれませんが、

私にとっては、かな〜り大きな1歩でした。

 

ハワイ島は好きだし、イルカにも会いたい、

だけど、私が今ハワイ島でしたいような旅をするには車が必要。

運転ができないなら今の私にとっては行く意味がない、という風にさえ感じていました。

 

実は1年前までペーパードライバーでした。

なんと免許を取った15年ほど前から、運転したのは1、2回、、、。

 

この1年間に何があったかと言うと、、、

 

1年前ハワイ島にいた時に、運転ができなくて、悔しかったんです。

 

運転ができたらもっと行きたいところがたくさんあるけど

運転ができないから、行けない。

というのが悔しくて、残念で、やっぱり運転ができるようになりたい!思ったのです。

 

そして、日本で練習をしました。

 

だんだん慣れてくると、私でも運転できるじゃん!と思えてきました。

 

しかし、日本で練習していた時は母に助手席に座ってもらっていたので

完全に一人で運転するというのは初めて。

 

しかも海外で!!しかもハンドルが逆のハワイで!!

 

でも、行く前からなぜかハワイ島で一人でも運転できる、大丈夫!

という妙な確信がありました。

根拠はないけど、大丈夫だと思えたのです。

 

ネパールで一人でトレッキングすると決めた時も

この確信がありました。

 

もちろん、心配していたり、不安に思っている部分もあったのですが、

深いところでは妙な確信がありました。

 

きっと確信がないときは、まだ準備が整っていない時だと思います。

 

半年前にセドナにいた時は、すでに運転の練習をしていた時期でしたが、

 

やっぱりまだ海外で運転するのは無理だな、もう少し慣れてからだなと思っていました。

 

今回は大丈夫と思えたので、私の中で準備が整ったんだなというのがわかりました。 

 

家族には国際免許証の申請をするという話はしていましたが、ハワイで運転することを言わずに行きました(笑)。

絶対に、心配されるし、反対されることがわかっていたからです。

 

そして、ハワイへ来て早々、家族にバレてしまい、

「ハワイで運転するのは止めてください、お願いします」

とか

「ハワイで運転した時に、逆側を走ってしまって事故を起こしかけたから、心配になって連絡した」

など、「心配」メールがたくさん送られてきました。

そりゃそうですよね。

 

1人で運転したことがない人が、いきなり海外で運転すると言ったら

普通は止めますよね。

 

家族の心配メールもごもっともです。

 

以前も書きましたが、この「心配」エネルギーってすごく持って行かれてしまうので、

「ありがとう、でも結構です。」まさに「No, Thank you」なのです。

 

誰かのことを心配するって実はその誰かのためになっていない!?
 

自分は心配していなかったのに、人に心配されると

その心配が移って、急に不安になったり怖くなったりしてしまいます。

 

そういう時は、「No, Thank you」と言って、

自分の中から、「心配のエネルギー」に出て行ってもらいます。

そういうイメージをします。

これを何度も繰り返します。

 

 

そうして、私はドキドキしながらレンタカーを発進させると

1人で運転していることも、

逆ハンドルなことも、

大丈夫でした!

「わー、運転できてる!!」 笑

 

最初はレンタカー会社から10分くらいのところにある、駐車場が広いビーチまで。

とりあえず、そこまで行って一休憩。

はあ〜、ここに来れた。

それだけで既に感無量です。

 

f:id:kalaaloha:20190519221317j:plain

オールドエアポート


 それからコナのダウンタウンに向かい、アサイボールの美味しいお店に行き、スーパーで買い出しをしてサウスコナにある宿へ向かいました。

 

駐車も不得意意識があり不安材料でしたが、、

 

これまたアサイボール屋さんでも、スーパーでもちょうど停めやすいところが空いていたりして、無事に乗り切れました。

 

アサイボール屋さん

f:id:kalaaloha:20190519215842j:plain

BASIK CAFE

http://www.basikacai.com/

 

なんでもそうだと思いますが、他に頼る人(友人、知り合い、家族など)がおらず自分でやらなければいけない状況になると、なんとかするもんだなという風にも思いました。

それは例え、見知らぬ人を巻き込んでも。

 

20分くらい運転して宿に到着。

ここへ来るまでで、運転の不安はほとんどなくなりました!

それよりも、1人で運転ができたことが本当に嬉しくて嬉しくて。

 

自分が大丈夫だと思えたものは、本当に大丈夫だ

という確認ができたことも大きな収穫でした。

 

「意識が未来を作る」

というのは

1. こうしたいと思う(望む)

2. それに向かって小さなことでも行動したり準備を始める

3. 気がつくと「こうしたい」が叶っている

という流れだと思います。

2の段階で、自分が何かしら行動するとそれをサポートしてくれる人や状況が現れ、

導かれる場合もあります。

 

私も運転できるようになりたいと思ったら、私に運転の練習をさせてくれるような機会を与えてくれた友人や、練習に付き合ってくれた母がいました。

去年ハワイ島で運転できずに悔しかった経験も、

運転できるようになり、それまでの枠を超えるというチャレンジをするための、不自由な状況だったのかもしれません。

 

そう思うとやっぱり全ては完璧ですね!笑

 

そして、最初の1歩を踏み出すのは大切だと改めて感じました。

 

まだまだハワイ島での運転の話は続きます。

 

いつもありがとうございます。

Mahalo

**********************************************************************************

大自然の中にいるようなロミロミで自分の愛に癒されませんか?

テンプル式ロミロミ

Kala Aloha

神奈川県相模原市(JR古淵駅または小田急線相模大野駅)

https://www.kalaalohalomilomi.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です