初夏の屋久島で自分と繋がるリトリート終了しました


アロハ!


たくさんの冒険と寛ぎの5日間。

素敵な参加者の皆さんと素敵な仲間達と一緒にすばらしい時を過ごすことができました。

たったの5日間がその倍くらいに感じるようなぎゅっとした濃密な時間。

私たちナビゲーターも含め、それぞれが何かに挑戦した旅でした。

自然に触れた時の感性豊かなみなさんの反応に感動し、
全員で山頂にたどり着いて感動し、
太陽を見つめる美しい横顔に感動し、
子供のように楽しむ姿に感動し、
感動しっぱなしの私。

山でのサンセットは格別



山で寝床についた時には自然に感謝の涙が溢れてきました。

水やサラサラの砂や、苔や小さなお花や木々や太陽や岩やジャングルの植物や火や温泉など、目で見て触って感触を楽しんで、自然と触れ合うことがこんなにも人を緩ませ、そしてエンパワーするということを改めて目の当たりにしました。

サラサラの砂でアーシングしながらノートワーク

山の清らかな水。飲み水です。

ガジュマルと妖精たち


最後はノートワークで各々が自分に向き合い決意したら、祝福の虹が現れました。

祝福の虹




印象的だった言葉は、
・自分の周りにあった壁がガラガラと崩れていった。
・生きる上で必要なことってそんなにないね。シンプルに暮らしたくなった。
・自分に対する信頼を取り戻せた気がする。

嬉しいな〜。


リトリート中は、エネルギーがすごく高まって、話に出た人がどんどん登場する、というミラクルも面白かったです。

自然に囲まれていたら、
ほっとして、安心して自分をさらけ出して、心に素直になって、それでも調和して、豊かな気持ちで生けるんじゃないかなと思っています。

おかげさまで私もエンパワーされ、蓋していたかも?という眠っていたやりたかったことが出てきました♪

蓋あけちゃおう〜!


スーパーおいしいビーガンおやつや愛情たっぷりの味噌玉は島の友達に作ってもらいました。


かまどご飯、野草の天ぷら、味噌汁、春菊とたけのこのサラダ、野菜のテリーヌ、牛蒡と厚揚げの甘辛

ファラフェルやクミン味噌大根などたくさんのおかずの玄米弁当

ビーガン手巻き、ローズマリー里芋、ジェノベーゼペンネ

手作りの味噌玉

ヴィーガンおやつ


そして、焚き火ナイトではサプライズのムビラ演奏ですばらしい時間を創造してくれたのも島の友。

焚き火とムビラ



みんながやりたいことをやっているからこそ生まれる特技の共創。


これからも島の仲間とコラボしながら、皆さんに楽しんでもらえる内容を作っていきます。

準備の段階から本当に楽しかった!

ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。



次回のリトリートは8/6-11の5泊6日です。
詳細はこちらからどうぞ!

いつもありがとうございます。

Mahalo

***************************************************************************
テンプル式ロミロミ

Kala Aloha
屋久島町原
https://kalaalohalomilomi.com/
https://www.instagram.com/shitoka.suzuki/